ブログ BLOG

当院のセラミック矯正

口腔内スキャナーによる
負担の少ない型採り

セラミック矯正を行うためには、お口の型をとる必要があります。
従来であれば、印象材という粘土みたいな物をお口に入れて型をとる必要があり、嘔吐反射などがある人にとっては負担が大きかったですが、口腔内スキャナーはお口の中をスキャンするだけで型がとれるので負担が少ないです。
また、スキャンしたデータはそのまま技工所に送ることができますので、治療期間も短縮できます。

Technology

信頼できる技工所との連携による
精密なセラミック

経験豊富で、卓越した技術の技工士が特徴の信頼できる技工所と連携してセラミック矯正を行っています。
また、CAD/CAMや3Dスキャナーなど先端のデジタル機器を使用しているため、より精密なセラミックを作製することができます。